費用を把握する|エレベーターのメンテナンスをしよう|安全確保の秘策

エレベーターのメンテナンスをしよう|安全確保の秘策

男性と女性

費用を把握する

模型

エレベーターは多くの人が利用しており、また中には荷物だけを搬送するためのエレベーターもあります。人だけではなく、物品の搬送にまで使用することが出来るエレベーターですが、定期的に保守点検を行なうことが重要です。保守にかかる費用は内容によって異なるため、一概には言えませんが相場はしっかりと把握しておいた方が良いでしょう。保守にかかる費用は、ロープ式や油圧式であれば月々にかかる保守費用は4万円が相場となっています。また、今やインターホン通話装置付きのものが増えていますが、インターホン通話装置が付いていない場合は少し保守費用が安くなります。その他にも遠隔監視装置が付いているタイプのエレベーターであれば通話装置付きのタイプよりも2,000円程高くなるので予め確認しておくと良いです。

巻銅式タイプのエレベーターであればロープ式や油圧式に比べても料金は安くなります。相場は4万円以下となっているのでタイプに応じて料金が異なるといえるでしょう。保守費用を事前に把握しておくことで、どのくらいのコストがかかるのかを知ることが出来ます。また、毎月専門業者に保守点検を行なってもらった方が良いのですが、二か月や三か月に1回依頼することも可能です。その他にも、エレベーターのタイプだけではなくメーカーや独立といった依頼する業者によっても費用は違ってくるものです。それぞれにメリットやデメリットがあるため、どこが適しているのか調べた上で依頼することが得策です。